プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

長湯温泉 やすらぎの宿 かどやRe - あちこちの露天風呂を巡って思う事

 

4-29

148

奥豊後温泉文化伝

NO.36

長湯

やすらぎの宿

かどやRe

 

あちこちの露天風呂を巡って思う事

 

平成28年11月12訪問


「奥豊後温泉文化伝」の4巡目のラスト、旅館街の中ほどにある創業80年を超える老舗旅館で、一日限定4組の小さなお宿だ。

客室のある建物はリニューアルされて比較的新しい印象だが、浴室棟は以前のままのようで、鄙びた感じがする。


内湯の浴室に入ると、かつては一室であったものを、真ん中で区切って男女別に分けたもののようだ。その中央部に湯口があり、やや熱めの湯が注がれている。長湯らしく、浴槽内は析出物がテーブルサンゴ状に成長している。すぐ横に小さめの露天風呂があり、ややぬるめに調整された湯を味わえる。この露天風呂は大きさが手頃で、我がにもひとつ欲しいと思わせてくれる。


あちこちの露天風呂を巡って思う事だが、浴槽周りの植え込みや囲い方にもっと心配りがあっていいのではないだろうか。たとえば、すぐ横に物干し場があって洗濯物が丸見えだったり、植え込みの枝葉に蜘蛛の巣が張っているのにそのままだったり。特に興をそぐのは、温泉の配管の残骸が目につくところに無造作に放置されている事だ。この辺りに気を配れば、もっと素敵な露天になること請け合いなのだが。

 

この後、豊後大野市緒方町の「緒方三社川越し祭り」を見物した。緒方三社は平安末期から鎌倉初期にかけてこの地を治めた緒方三郎惟栄が建立したと伝えられ、一之宮社には父の仲哀天皇、二之宮社には子の応神天皇、三之宮社には母の神功皇后が祀られている。この祭りでは親子三神が原尻の滝近くの二之宮社に集まり、一夜を過ごすといわれている。緒方川の対岸に鎮座する三之宮社の神輿が、篝火が焚かれた原尻の滝の上流で、下帯姿の若者に担がれて川を渡り、川中にある大鳥居を潜るのが見せ場となっている。



含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、51.3℃、PH7.0、成分総量5412mg、Hco3-2740mg、弱黄色・弱白濁・微弱金気味・殆ど無臭、85L/min 20/4/30

¥200

(温泉文化伝割引))


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント