プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府明礬温泉 湯元屋旅館 - 別府八湯で唯一無二の泥まじりの明礬泉

 

9-79

831

別府八湯温泉道

NO.104

明礬

湯元屋旅館

 

別府八湯で唯一無二の泥まじりの明礬泉

 

平成28年12月18日訪問


次に訪れたのは明礬温泉のこちら。泉質は「酸性-アルミニウム-硫酸塩泉」だが、平成26年の「鉱泉分析法指針」の改定により、アルミニウムイオンと銅イオンが療養泉の定義から外されたので、「酸性-硫酸塩泉」となったのだろうか(その後、「アルミニウム」は陽イオンを表わしており、泉質名の表示に変化がないことを確認した)。旧泉質名では一定量以上のアルミニウムを含むのが「明礬泉」で、鉄を含むのが「緑礬泉」。ここの湯はまさに「明礬泉」であり、すぐ上の山田屋旅館は「緑礬泉」とは、なんと不思議な事か。


しかもここの湯は泥を巻き上げて湧き出すので、薄い灰色という珍しい色をしていて、微かに泥の臭いが感じられるが、硫黄の香りはほとんどない。こんな湯は別府八湯でもここにしかなく、実に貴重なものだ。湧出量も9.1
/minと僅かで、大切に残したい別府の宝だ。



酸性-アルミニウム-硫酸塩泉、76.6℃、PH1.9、成分総量2481㎎、弱乳白色,微弱混濁,強酸味,殆ど無臭

¥400


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント