プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府鉄輪温泉 ホテル鉄輪 - いわゆる「青湯」である可能性が高い


 

38-4

193

その他の温泉

大分県

別府鉄輪温泉

ホテル鉄輪

 

大分県別府市鉄輪御幸3組

 

いわゆる「青湯」である可能性が高い

 

平成29年1月20日訪問


地元情報誌CJOの割引券でここを訪ねた。天井の低い不思議な通路を通り抜け、浴室のドアを開けると、湯気が充満した中に、ぼんやりとほの青い湯が見えた。


ここの源泉は泉温97℃の沸騰食塩泉で、PH8.9のアルカリ性であれば、いわゆる「青湯」である可能性が高い。

実は平成23年12月に初めて訪れた折、見事な「青湯」に遭遇している。その日の記録によれば、「透明ポリ波板の天井から太陽光が差し込み、青みを帯びた透明な湯の色を輝かせる。」と書き残している。


                                                   平成23年12月11日の画像


ただ、確信が持てないのが、メタケイ酸の含有量が192mgとやや少ない点と、湯口の析出物がシリカ特有の真っ白ではなく、土類泉のような茶褐色をしている事だ。


さておき、鉄輪らしいダシ塩味と、独特の芳香、そしてはっきりとしたツルツル感があり、なかなかの良泉だ。

ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、97.2℃、PH8.9、
成分総量2255mg

¥100

(CJO割引券)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント