プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府温泉 不老泉 - 明治後年には、入浴者ごとに湯を入れ替えていたようだ

 

10-15

853

別府八湯温泉道

NO.4

別府

不老泉

 

明治後年には、
入浴者ごとに湯を入れ替えていたようだ

 

平成29年2月12日訪問


この日のラストは市内中心部にあるこちらを訪ねた。平成2688日リニューアルオープンし、以前に比べれば建物も浴室も小さくなったが、それても市営温泉のなかでは一二を争う広さを持っている。





「別府温泉湯治場大辞典」によれば、明治8年の「別府村誌」に別名「田の湯」とも「田中の湯」とも記されており、その当時は田んぼの中に粗末な湯小屋が立っていたようだ。明治42年刊の「別府温泉誌」には、「浴場は分ちて特等、上等、並等の三種とす、(中略)又懸けて高所より落来るものあり、即ち所謂る湯瀧なるもの是なり、特等の温泉は一人の入浴する者ある毎に悉皆之を排泄し、更に新鮮なる温泉を注入するの仕掛にして其清浄純潔なること比を全国の泉場に見る能はざる所なり」と描かれている。つまり、滝湯があったり、入浴者ごとに湯を入れ替えるといった事さえ行われていたようだ。

単純泉,43.3℃,PH7.7,成分総量915mg
微弱黄色・澄明・殆ど無味・無臭 26/7/11 メタケイ酸221

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント