プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

長者原温泉 オーベルジュコスモス - 鉄(Ⅱ)を7.5mg含み、赤みの強い濁り湯となっている

 

57-3

199

その他の温泉

大分

長者原温泉

オーベルジュコスモス

 

玖珠郡九重町大字田野228-1

 

()を7.5mg含み、

赤みの強い濁り湯となっている

 

平成29年2月19日訪問


九重町の長者原まで戻ってここを訪ねた。昨年11月に行われた「しんけん大分学検定」の参加賞に九重町の温泉無料券を頂き、2月末が期限だったので、そいつを使おうとの目論見だ。

浴室に入ると黄土色の内湯が目に入る。ここの湯は「長者原源泉」といい、近くの「法華院温泉別館 花山酔」と共用のようだ。鉄()を7.5mg含み、赤みの強い濁り湯となっている。


露天風呂に出ると、やわらかな冬の陽光が燦燦と差し込んで、目にも鮮やかなオレンジ色の湯が湛えられていた。




「おんせん県おおいた」で赤い湯といえば、まずは「血の池地獄」が思い浮かぶが、残念ながら足湯のみで入浴する事はできない。由布市の下湯平地区に「下湯平温泉 幸せの湯」という名湯があったが残念ながら閉鎖されてしまった。臼杵市の「鷺来ヶ迫温泉 俵屋旅館」の加温浴槽も見事なオレンジ色の濁り湯だ。また、九重町の「筌ノ口温泉 共同浴場」の湯や、竹田市久住の「レゾネイトクラブくじゅう 紅殻の湯」、由布市の「高崎山温泉 おさるの湯」の紅茶色の湯などがあげられる。

単純泉、45.7℃、PH7.0、成分総量1015mg、

無色・澄明・中金気味、弱金気臭、微弱硫化水素臭 H20.2.5

0円

「大分学検定」参加賞)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント