プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府柴石温泉 柴石温泉 - 柴石温泉は温泉地ではない事になる

 

10-21

859

別府八湯温泉道

NO.80

柴石

柴石温泉

 

柴石温泉は温泉地ではない事になる

 

平成29年3月5日訪問


環境省の「平成26年度温泉利用状況」統計によれば、全国の「温泉地」は3,088カ所で、大分県は63カ所となっている。大分県の温泉地数の全国順位は第20位で、いかに少数の温泉地に源泉が集中しているかが伺える。その統計表の注釈に「温泉地数は宿泊施設のある場所を計上」とあり、「温泉地」とは宿泊施設を有する温泉湧出地という事になる。

別府八湯で唯一、宿泊施設のないのが柴石温泉で、つまり柴石温泉は温泉地ではない事になる。

いつも入浴客が多く人気のここだが、駐車場から浴室までは上り下りが多く、今はやりのバリアフリーとはなっていない。山間の傾斜地にあるので、これもここの特徴ともいえる。大浴場に向かう石段は「別府石」で出来ていて、これも見どころの一つだ。「別府石」とは鶴見岳などの火山の噴火の際に土石流や火砕流として流れ出した安山岩である。


湯は2つの源泉があり、熱い方は食塩・芒硝泉だ。分析書では内湯は51.7℃の単純泉が使われているとあるが、わずかに濁りがあるので、2源泉の混合ではなかろうか。





(内湯)単純泉、51.7℃、PH6.7、成分総量881mg、無色・澄明・殆ど無味・殆ど無臭 H21.2.12

(蒸し湯)ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、80.1℃、PH7.0、成分総量1353㎎、弱黄褐色、微弱混濁、無味、殆ど無臭 H22.2.16

¥210


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント