プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府温泉 上原温泉 - 黒い微粒の湯の花が無数に舞っている

 

10-22

860

別府八湯温泉道

NO.173

別府

上原温泉

 

黒い微粒の湯の花が無数に舞っている

 

平成29年3月19日訪問


春休み期間の三連休の中日とあって、大分市内も別府市内もかなりの渋滞で、鉄輪の地獄界隈は多くの人出でにぎわっていた。

この日の初湯はラクテンチ下のこちら。明るい日差しが差し込む浴室は無人で、わずかに濁りを感じさせる湯が掛け流されている。直射日光に照らされると、黒い微粒の湯の花が無数に舞っているのが観察できた。


雲泉寺貯湯タンクの湯は無色・透明湯だと思っていたが、タンクからほど近いここでは濁りや湯の花が見られるようだ。

浴室は数年前にリニューアルされ、浴槽のタイルや洗い場の床などが一新されているうえに、手入れや清掃が行き届いて気持ちがいい。


大正8年の開湯で、当初は「吉野湯」とよばれ、沢山の吉野桜が植えられていたそうだ。

単純泉、64.1℃、ph7.4、成分総量765mg
無色・澄明・無味・無臭 雲泉寺貯湯タンク H28.3.17
メタケイ酸159

¥100



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント