プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

鶴見地獄、八幡地獄探訪記 - 忘れられた温泉地獄を訪ねて

 


鶴見地獄、八幡地獄探訪記

亀川から向原温泉に戻ったのは、その後でここを見てみたかったからだ。

「別府温泉辞典」によれば、「日本人は、それを現世のものになぞらえて、活火山や温泉地などの地熱地域で、高温の蒸気や熱湯が噴出して危険を感じる所を地獄と呼んできました。もともとは天然のものでしたが、現在では、掘削によって得られた噴気や沸騰泉も地獄と呼ばれることがあります。」とある。


鶴見地獄は富士見通を西上して、観海寺温泉の入り口を過ぎ、南立石公園のすぐ手前の「鶴見山霊泉寺」の境内にある。 お寺は廃寺となっているようだが、境内の草取りをしている人が居られたので、声をかけると本堂の裏にあると教えてくれた。裏に回ると直径15mほどの池があり、やや奥よりから源泉が勢いよく湧き出していた。池の湯を指で触れてみると、沸騰状態ではなく60~70℃位の感じだ。湯の色はややくすんだ水色で、大きさといい色といい、やや地味な感があった。



 

霊泉寺裏の道を奥に進むと、立派な石の門柱があり、敷地の奥に轟々と噴気をあげる源泉口があった。先日の「ブラタモリ」で紹介された「八幡地獄」だ。


近づいてみると、噴気と共に湯が湧き出していて、湯川となって流れ出していた。指では触れられない熱さで、まさに沸騰泉だ。「ブラタモリ」での近江アナウンサーの測定では99.4℃だった。


戦前は噴泉地の他に「怪物館」なるものがあり、鬼・人魚・河童などの骨や剥製が展示されていたそうだ。「懐かしの別府ものがたり」にここの記事があり、「我八幡地獄は別府五大地獄の内の一つで昔から有る有名な地獄であります/一時睡眠の状態でありました地獄沈黙を破って昭和三年四月十九日午後三時震動と共に俄然地下二百四十尺の所より亀裂を生じて大爆発し耳をつんざくばかりの大音響と共に黒煙濛々として熱石、熱泥を八方に飛散し(後略)」などと、爆発のすさまじさを記している。」


このすぐ下は「前八幡児童公園」になっていて、市有の源泉が数本あった。戦前ここには「前八幡地獄」があり、40mも噴き出す間欠泉だったそうだ。

     



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント