プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

湯平温泉 共同浴場 銀の湯 - かつては「日本三大胃腸病の湯」といわれた

 

108-2

201

その他の温泉

大分県

湯平温泉

共同浴場 銀の湯

 

大分県由布市湯布院町湯平351番地7

 

かつては「日本三大胃腸病の湯」といわれた

 

平成29年3月26日訪問


今回は由布市の温泉巡りを計画した。この日は小雨交じりの花冷えで、桜の開花を惜しむかのようだ。


石畳の通りを上り始めるとすぐにここがあり、浴室は無人でモウモウと湯気が立ち込めていた。湯平は坂道に沿って旅館や土産物屋が軒を連ねており、窓を開けても隣の建物の外壁が見えるだけだ。


湯平温泉は昭和45年に町営で源泉が集中管理されるようになり、どこも同じ源泉の湯になったが、ここは例外的に自家源泉が使われている。43℃ほどのやや熱めの湯は、無色透明で無味・無臭のアルカリ性単純泉だ。かつては群馬県の四万温泉や宮城県の峩々温泉と共に「日本三大胃腸病の湯」といわれ、湯治客はお茶の代わりに弱食塩泉の源泉を飲用し、全国に宅配するサービスが盛んにおこなわれていた。

かつての賑わいはなく、花合野川の清流と雨に濡れた石畳が静かに迎えてくれる山間の湯治場だ。

アルカリ性単純温泉、51.8℃、PH8.8、

成分総量588mg 無色・澄明・無味・殆ど無臭 H27.7.3 メタケイ酸75mg 自家源泉

200円



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント