プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府明礬温泉 旅館みどり荘 - 白濁硫黄泉が芳しい香りと共に迎えてくれた

 

10-48

889

別府八湯温泉道

NO.64

明礬

旅館みどり荘

 

白濁硫黄泉が芳しい香りと共に迎えてくれた

 

平成29年4月26日訪問


この日は4月の「風呂の日」で、¥260で市内の旅館・ホテルの温泉が利用できるお得な日だ。現在、21施設が対象となっているが、利用時間が午後からが多いのがちょっと残念。こちらは午前8時から利用できる貴重なお宿で、しかも明礬で「風呂の日」サービスが受けられるのはここだけだ。


浴室に通るといつもの白濁硫黄泉が芳しい香りと共に迎えてくれた。折からの雨ためか、色も香りもややおとなしい目のぬるめの湯だ。


ここはPH2.7の酸性硫黄泉で、同じ明礬でも豊前屋旅館(残念ながら熊本地震の影響で休業中)やハートピア明礬は中性、小倉の神丘温泉豊山荘になるとPH9.1のアルカリ性だ。科学的裏付けは取れていないが経験則から、酸性硫黄泉は白濁し、中性では硫黄成分が湯の花となって浮遊し、アルカリ性では無色・透明で香りにのみ硫黄分が感じられるようだ。

単純酸性硫黄泉(硫化水素型)、68℃、PH2.7、
成分総量481mg、無色・澄明・強酸味・強金気味
・強硫化水素臭 21/10/30

¥260
(風呂の日)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント