プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

内牧温泉 町湯 宝湯 - 青みを帯びた笹濁りの湯がドバドバと掛け流される

 

142

208

その他の温泉

熊本県

内牧温泉

町湯 宝湯

 

熊本県阿蘇市内牧186-1

 

青みを帯びた笹濁りの湯がドバドバと掛け流される

 

平成29年5月4日訪問


二湯目は割烹「がね政」に併設された、ちょっと凝った造りのこちら。大通りから狭い路地を20mほど奥に進んだ先に入り口があり、池のある庭に面した脱衣所があった。

¥400という入浴料は「町湯」にしてはお高めだなぁと思っていたら、10回の回数券が¥2000との事で、常連さんには気軽に使える価格設定になっていた。それとタオルとシャンプー・リンスの貸し出しサービスが¥400に含まれており、いずれにせよ良心的な料金になっている。

脱衣所から階段を3段降りた先に浴室があり、青みを帯びた笹濁りの湯がドバドバと掛け流されている。源泉温度は40.7のぬるめで、湯口付近では弱い泡付きがある。


広い引き戸から庭が眺められるが、実はこれが露天風呂だった。外に出てみると、岩づくりの浴槽は意外なほど狭い感があり、しかも湯はかなりぬるめで、内湯の新鮮さとは雲泥の差がある。


口に含むと金気味と金気臭があり、その他は意外なほどにあっさりとしていて、飲泉に向く味だ。とにかく、湯の供給量がすさまじく、洗い場を滔々と流れ去っていくのが見事だ。



ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩泉、40.7℃、
PH7.2、成分総量1658mg、
淡黄色・澄明・金気味・微硫化水素臭 H28.9.26
メタケイ酸121.5 鉄Ⅱ1.2 CO²31.9

400円


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント