FC2ブログ

海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

別府亀川温泉 四の湯温泉 - 浴槽の縁には何度となく補修された痕跡がある

 

10-61

902

別府八湯温泉道

NO.69

亀川

四の湯温泉

 

浴槽の縁には何度となく補修された痕跡がある

 

平成29年5月28日訪問


今日の第一湯目は亀川温泉のここ、公園を横切って番台に向かうと、別棟のトイレがきれいに建て替えられていた。浴室に通ると、朝日にが差し込み、透明度の高い湯が一層輝いて見えた。湯口からはゴボゴボという源泉の湧き出す音が、いつになく力強さを感じさせた。


昨年の熊本地震の直後は、ここの湯がカボチャスープのように白濁したことがあった。地震や大雨の影響で温泉が濁ると、仏様が風呂に入られたとの言い伝えがあるそうだ。地下深くには我々では計り知れない様々な作用があり、それが温泉に影響して目に見えるものになるというのは興味深く、それ故に自然科学の研究対象になるのだろう。


浴槽の縁には何度となく補修された痕跡があり、地元の方々の温泉への愛着が感じられ、ありがたく名湯をいただいた。

単純泉、47.8℃、PH7.8、成分総量748.7mg、
無色・澄明・無味・無臭 H20.7.20

¥100



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する