プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府明礬温泉 湯元屋旅館 - 希少な「明礬泉」と「硫黄泉」の2つの泉質が楽しめる

 

10-62

903

別府八湯温泉道

NO.104

明礬

湯元屋旅館

 

希少な「明礬泉」と「硫黄泉」の
2つの泉質が楽しめる

 

平成29年5月28日訪問


全国的にも希少な「明礬泉」のこちらの浴室が改修されたと耳に挟み、早速訪れてみた。建物の外観はこれまでと変化はなく、玄関を入った左手のロビーはシックに改装されて、ジャズの名盤などが展示されていた。


二階の浴室は一新されて、「明礬泉」の岩風呂は露天から内湯に変わり、これまでの内湯は「硫黄泉」となり、シャワーが使えるようになっていたり、洗面所付の脱衣所を備えている。

早速、硫黄泉に入ってみると、微粒の硫黄分が湯中を舞っており、口に含むとかなり強い酸味を感じる。源泉は60℃くらいはありそうで、湯量を絞ってチョロチョロと掛け流されていた。


元の「明礬泉」は9.1/分の湧出量で、二つの湯船への供給は無理との英断から、新たに「硫黄泉」の浴槽を作ったのだろうか。二つの泉質が楽しめるお宿とは、貴重にして贅沢な事だ。入浴料は¥500に値上がりだが、間違いなくそれ以上の価値がある。



単純酸性硫黄泉(詳細不明)

¥500


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント