プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府温泉 寿温泉 - 大正13年当時の市有温泉の規定

 

 

912

別府八湯温泉道

NO.10

別府

寿温泉

 

大正13年当時の市有温泉の規定

 

平成29年6月11日訪問


この日の最後は市街地の飲み屋街にあるこちら。ここは大正13年に市有温泉として今の建物になるまでは女性専用であった。当時の市有温泉は、並湯は無料、上等湯は有料であった。当時の市の規定には、「1.入場料をとってはならない。特別な設備を施した場合は市長の承認を得て徴収してもよい。 2.区民代表は、温泉家屋を市長の指定した火災保険に入れ、受け取り人は市長とすること。 3.区民代表は、管理維持上必要な経費は支出しなければならない。」と定められていたという。

ここの写真展のテーマは、「地元に根付く共同浴場」で、趣深い各地の共同浴場が紹介されている。


初めは貸し切りだったが、すぐに次々と入浴者が訪れ、ホールではにぎやかな会話が交わされていた。


近くの名人会事務所は、2階の大改装作業中で、近々、集会ができるよう整備を始めたようだ。

ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、51.5℃、PH7.3、成分総量1129mg、42.9L/min
無色・澄明・無味・殆ど無臭 H21.9.29

¥100


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント