プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府温泉 ホテル別府パストラル - 岩風呂には「別府石」が使われているようだ

 

10-75

926

別府八湯温泉道

No.88

別府

ホテル

別府パストラル

 

岩風呂には「別府石」が使われているようだ

 

平成29年6月28日訪問


ここのある東荘園は境川右岸で、ここから北西800mほどの所に「石垣原古戦跡」があり、1500mほど先には黒田軍の本陣が置かれた実相寺山がある。両軍はこの境川を挟んで対峙した事だろう。

別棟の浴場に入ると、一人の先客があったがほどなく上がり、広々としたお風呂を独り占めできた。露天風呂に出てみると、これまで気づかなかったが、岩風呂には「別府石」が使われているようだ。「別府石」は正式には角閃石安山岩で、鶴見岳の火山活動に伴なう火砕流や土石流、扇山の山体崩壊などで流出したものだ。


湯は51℃の炭酸水素塩泉で、無色透明でさっぱりとしたものだ。ジャグジーもあり、これは沸かし湯らしいが、この浴槽をオーバーフローした湯が流れる床は、目地が明らかに赤褐色に変わっている。おそらく鉄分を多く含む井戸水が使われているのだろう。



ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、51.2℃、PH8.0、
成分総量1253㎎、無色・澄明・無味・無臭 17/5/20

¥0
(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント