FC2ブログ

海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

久住高原温泉 レゾネイトクラブくじゅう - 自然との「共生・共鳴」を図っている

 

5-2

150

奥豊後温泉文化伝

NO.15

久住

レゾネイトクラブ

くじゅう

 

自然との「共生・共鳴」を図っている

 

平成29年7月9訪問


久住高原の雄大な草原に、身を屈めるようにひそやかに、小さな家が身を寄せ合って集落を形作っているようなホテルだ。「Resonate」とは「(自然との)共生・共鳴」の意味で、大自然の生態系を守るため、建物は低く、外に人口の光を漏らさない配慮がされているそうだ。


ごく控えめなフロントから外廊下を下った先に、大浴場「紅殻之湯」があり、トラス構造で高い天井を確保し、開放感を演出している。以前は鉄分で赤みの強い湯だったが、成分に変化があったのか今は緑褐色だ。循環消毒されてといるが、内湯に塩素臭は感じられないが、控えめな広さの露天風呂でなぜかそれがあった。


大人の雰囲気のある素敵なお宿なので、一度は宿泊してその空気に浸ってみたいものだ。

マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉 30.4℃ PH6.2 成分総量2626mg 
黄褐色・混濁・殆ど無味・無臭 H16.11.29

¥250

(久住の日半額)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する