プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

澤西祐典著 小説「別府フロマラソン」」が発刊されました

 


 別府八湯を舞台とした痛快・ユーモア小説が発刊された。タイトルはズバリ「別府フロマラソン」である。

 作者は別府市在住で、別府大学文学部講師にして、2011年に「フラミンゴの村」ですばる文学賞を受賞した澤西祐典氏である。澤西氏を最初に知ったのは、昨年9月発売の「別府八湯温泉本」に寄稿された「別府七不思議」という一文であった。

 その後、文芸誌「すばる」20167月号の特集「読む温泉」中で、澤西祐典氏、円城塔氏、福永信氏による鼎談「別府を読む、別府を書く」が掲載されているのを知り、購読した。

 今年2月には別府大学で開催された「温泉と文学」と題するシンポジウムに参加し、澤西氏の別府八湯に対する並々ならぬ関心を目の当たりにした。


 

 そんなこんなで、澤西氏の手により別府八湯を舞台にした小説が上梓されないものかと密かに期待していたが、今回の発刊の運びとなり、ご同慶の至りだ。

 しかも、売上金の一部は昨年の熊本地震で浴屋が傾いて、惜しまれながら取り壊された路地裏の秘湯「梅園温泉」の再建資金に寄付されると聞き、よけい嬉しくなった。

 著者がこの作品を書くきっかけとなったのは、本書の「あとがき」に縷々綴られているが、要約すると「(その他の温泉地とは違い)、広大な市内に、湯がどばどばと垂れ流されいるーそれが別府だった。」との驚きと、「別府にゆかりがあるなしに関わらず、読者の方にも、この別府のおかしさを少しでも感じ取っていただければ作者冥利につきます。」との思いがあったようだ。

 作品の論評をすることはよしておくが、著述の中に思い違いをされている所があったので、別府ファンとして僭越ながら指摘しておきたい。

 

柴石温泉の長泉寺、「お寺の境内にお湯が湧いていて」→龍巻地獄からの引き湯で、紛うことなき「地獄の湯」である。

日田市の夜明温泉、「大分県と熊本県の県境」→大分県と福岡県の県境がより的確だろう。

亀川温泉の四の湯温泉、「熱海、有馬、道後温泉に続く「四番目の名湯」」→ここに掲げられた扁額には、「景行天皇がここに入浴した際に、伊予の道後、摂津の有馬、紀伊の牟婁に続く第四の名湯であるとされたことから名付けられた」とあり、熱海温泉ではなく南紀白浜温泉であろう。

鉄輪温泉の湯あみ祭りで温泉に浸かるのは、「一遍上人の石仏」→かつては木造像だったが、今は樹脂製のレプリカ像が湯あみされる。


      

 澤西氏は今作品を書いた時点で、第7037代別府八湯温泉道名人となられておられ、今年4月の別府八湯温泉まつりの名物イベント「第二回べっぷフロマラソン」を完湯するまでにのめり込んでいるようで、別府の舞台とした次の新作にも大いに期待したいものだ。

      



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント