プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府八湯温泉道十巡目のまとめ

 

 

別府八湯温泉道十巡目のまとめ

 

10巡目の温泉道は、平成29年1月11日にスタートし、平成29年8月15日に完了、ほぼ7カ月の修業期間となりました。延べ29回の別府訪問で、一回平均の入湯数は3.03となります。

 

 この間で最も大きな話題は、昨年11月に公開され、わずか3日間で100万回再生を突破した、別府市のPR動画「湯~園地」が、7/29~31に実現した事でしょう。


 3日間に訪れた人は12,000人、運営を手助けしたボランティア・スタッフは延べ1,200人に上りました。私も1日だけボランティアでお手伝いさせていただきました。

 PR動画どおりに温泉と遊園地は融合できたのか、当日は水着の上からバスタオルを巻いたゲストがゾロゾロ歩いていたし、目玉の「温泉バブルジェットコースター」は最大4時間待ちとなりました。HKT48の指原莉乃がお忍びで来園したなど、話題には事欠きませんでした。

 また、市長は市の予算を使わない事も併せて公約しており、クラウドファンディングや協賛企業からの寄付を募り、8,182万円もの資金を集めた事も特筆すべき事でした。

 

 4月の「第103回別府八湯温泉まつり」では、神輿に浴びせる湯の量を大幅に増やし、「湯ぶっかけまつり」としてスケールアップされました。当日のディズニーパレードと合わせて、大盛況のイベントとなりました。

 私は今年は初めて「べっぷフロマラソン」のハーフマラソンの部に本格参戦、2日間で21.195湯を完湯しました。


 

 「梅園温泉再建プロジェクト」では、3/29~6/16にクラウドファンディングにより再建資金を募り、64万円を集めました。「1916年創業、100年の歴史がある梅園温泉、20164月の熊本大分地震で取り壊しを余儀なくされました。地域の皆様の日常のお風呂として利用者を温かく包んできた梅園温泉、また全国の温泉愛好家にも愛された路地裏の秘湯を再建するために皆様の御支援を宜しくお願いいたします。 」と趣旨書で呼びかけました。 

 再建には最低500万円が必要で、NPO法人別府八湯温泉道名人会も全面協力し、募金活動が続けられており、平成29年5月末現在で¥2,143,365の浄財がよせられています。

 

 若き文学者が別府に居住しています。別府大学文学部講師で、2011年に「フラミンゴの村」ですばる文学賞を受賞した澤西祐典氏です。

 今年8月には、小説「『別府フロマラソン』が出版されました。この作品を書くきっかけとなったのは、「(その他の温泉地とは違い)広大な市内に、湯がどばどばと垂れ流されいるーそれが別府だった。」との驚きだったようです。


 また、この本の売上の一部は、梅園温泉の再建に寄付されることになっています。

 

 ホテル清風は補強工事を終え、7/28に「大江戸温泉物語 別府清風」として再オープンし、星野リゾートが買収した「花菱ホテル」は取り壊しが始まっています。


 明礬に高級リゾートホテル「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」(仮称)が2019年夏に開業する事も発表され、欧米の富裕層や国際会議の需要などを見込んでいるそうです。

 

 加盟施設では、惜しまれつつ閉鎖された「住吉温泉」が地元有志による新組合結成で復活し、耐震補強工事の完了した「豊泉荘」「城島高原ホテル」「両築別邸」も温泉道に復帰しました。


 「花べっぷ」「ホテル臨海」が脱退し、新別府病院の足湯「わをんの湯」が新規加盟しました。

 

 この間に要した入湯料は¥11,230で、第7,193代温泉名人となりました。



Comment

非公開コメント