プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

宮城温泉 出会いの湯 - ほのかに硫黄の香りがあった

 

5-8

156

奥豊後温泉文化伝

NO.3

竹田

宮城温泉

出会いの湯

 

ほのかに硫黄の香りがあった

 

平成29年9月2訪問


暑い時期にはぬるめのここがよかろうと訪ねてみたが、9月を迎えて加温装置が稼働していた。窓の外には稲葉川が流れ、すこしだけ秋めいた日差しと心地いい川風に包まれて湯に浸かると、無数の白い湯の花が舞っていた。しかも、ほのかに硫黄の香りがあった。とろとろと肌に柔らかい湯で、ほっこりとした気分になった。




 

目の前を流れる稲葉川は昭和57(1982)年や平成2(1990)年など、たびたび氾濫を繰り返し、流域の竹田市中心部に甚大な被害をもたらした。平成3(1991)年、稲葉川と玉来川の2つの河川に治水ダムを建設が計画され、稲葉ダムは平成22(2010)に完成したが、玉来ダムは民主党の事業仕分けで計画が延期となり、平成24(2012)年7月の九州北部豪雨では再び玉来川が氾濫して大きな被害をもたらした。なお、玉来ダムは今年7月にようやく起工式が行なわれ、平成34(2022)年の完成予定となっている。

単純泉、40.5℃、PH8.3、
成分総量827mg

¥200
(温泉文化伝割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント