プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

おさるの湯

 

2-7

九州温泉道

No.123

大分県

高崎山温泉

おさるの湯

 

赤褐色の美しいモール泉が掛け流しで使われており、すべすべの感触もある。

 

平成24年11月24日訪問


お猿の高崎山の真裏、まわりに民家さえない山奥にポツンとここがある。脱衣所一体型の露天風呂だけのシンプルな施設。入り口のドアを開けると甘いモール臭が鼻を襲う。「モール泉」をインターネットで調べてみると『植物由来の有機物(腐植質)が溶け込んでいて(正確にはコロイド)、黄褐色~褐色~黒色の独特の色を呈する温泉の通称です。植物が枯れると微生物等により分解されていきますが、分解されにくいセルロースなど繊維物質は極めて長い時間をかけ分解され、最終的に「フミン酸」と呼ばれる芳香族化合物(有機化合物の一群)が残ると考えられています。』とある。つまりは腐った植物が発酵する時に生ずる香りで、油臭とかウィスキーの甘い香りとかにこの表現が使われる。


ここは露天風呂でこの香りは驚愕だ。浴感もツルツルして心地よく、県内でも第一級の一湯だ。

アルカリ性単純泉、58.6℃(44℃)、PH8.6、成分総量613mg、H14.9.17

\300

 

 

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント