FC2ブログ

海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

別府温泉 芝居の湯 - 台風一過、堀田源泉の湯は濁っていた

 

11-1

940

別府八湯温泉道

NO.99

別府

芝居の湯

 

台風一過、堀田源泉の湯は濁っていた

 

平成29年9月18日訪問


大分合同新聞9/19朝刊では、「台風18号による記録的な大雨で大分県は18日、県内の住宅643棟が被害を受けたと発表した。午後6時半の集計。被害が大きい津久見市は調査が進んでおらず、今後、大幅に増える見通し。津久見、佐伯、豊後大野3市では道路が寸断し、計113世帯・198人が孤立。県内全体の道路被害は202件に上っている。」と報じている。

7/5に発生した「平成29年7月九州北部豪雨」に続き、大分県における今年2度目の豪雨災害で、県内に初めて大雨特別警報が出されたり、日田市の24時間雨量が370ミリに達し観測史上最大を更新したりと、過去に例のない大災害となっている。被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 

ついに11巡目のスタートだ。別府八湯温泉道の記念すべき第1湯は、2009年8月16日に別府海浜砂湯に於いてで、丸8年を要して10巡目を完了した事になる。

一夜明けて今日は台風一過、別府湾の波もおさまり、明るい青空が広がっている。


今日の第一湯は堀田からの引き湯のこちら。脱衣所に「大雨の影響で湯が濁っています」との張り紙があり、浴室に入るとなるほど少しばかり濁りが感じられた。浴後に受付で尋ねると、昨日は濁りが激しく、明礬の泥湯の様だったと教えてくれた。硫黄の香りはいつもより控えめで、湯温もやや低めに感じられた。





単純泉 、78.0℃、PH6.4、成分総量845mg、微弱白色・微弱混濁・少沈析物有・無味・微弱自然臭 H21.3.27 
メタケイ酸119.3 遊離二酸化炭素329.3
別府市温泉供給事業石垣線

¥270


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する