プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

旅籠しび荘

 

2-16

九州温泉道

No.117

鹿児島県

紫尾温泉

旅籠しび荘

 

硫黄の香りただようツルツル湯。

旅館の湯でありながら共同湯的なムード

 

平成25年1月29日訪問


紫尾山の麓、山中の鄙びた湯治場である。中心となるのは「神の湯」といわれる共同浴場で、ここの湯は紫尾神社の社殿の下から湧き出しているという。


しび荘には2つの源泉があり、一つは「神の湯」からの引き湯で50.3℃、もう一つが自家源泉38℃でこの湯は時として緑色になるという。浴槽は貸切露天風呂と内湯があり、内湯は小判型の熱めの湯(45℃)とコンクリート造りのぬるめの湯(42℃)がある。いずれもほのかな硫黄臭があり、PH9.4はツルツル感が強い。窓からの光に照らされた湯は透明感があり、キラキラと輝いて見える。宿泊でゆっくり過ごしたくなる極上湯だ。

単純硫黄泉、50.3℃、PH9.4、
成分総量373mg、
微黄色・澄明・微硫化水素味・微硫化水素臭 H13.9.14

¥300

 

 

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント