海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

豊後大友家の 「二階崩れの変」を巡る吉弘兄弟の「義と愛」 歴史小説「大友二階崩れ」

Posted by 海心堂 on   0 

 

 

豊後大友家の 「二階崩れの変」を巡る吉弘兄弟の「義と愛」 

赤神 諒 著 「大友二階崩れ」

 

 2017年12月、第9回日経小説大賞(選考委員:辻原登、高樹のぶ子、伊集院静)を高い評価で受賞した小説「義と愛と」を改題、作品の舞台となった戦国時代の史実をタイトルにして世に問う本格歴史小説。

 

  「BOOK」データベース、「天文19年(1550年)、九州・豊後(現在の大分県)の戦国大名、大友氏に出来した政変「二階崩れの変」。時の当主・大友義鑑が愛妾の子への世継ぎのため、21歳の長子・義鎮(後の大友宗麟)を廃嫡せんとし、家臣たちが義鑑派と義鎮派に分裂、熾烈なお家騒動へと発展した。謀略、裏切り…揺れる家中での勢力争いに明け暮れる家臣たちの中で、義鑑の腹心にして義鎮の義兄でもある吉弘鑑理は一途に大友家への「義」を貫き、その弟の鑑広は数奇な運命で出逢った姫への「愛」を貫く―乱世に生きる男たちが命を賭して守り抜いたものとは。九州・豊後の戦国大名家に出来したお家騒動、重臣一家を通して骨太に描いた本格歴史小説。第9回日経小説大賞受賞。 」

 


 「二階崩れの変」の真相は今も謎に包まれている。この小説のなかでも、その謎は明かされていない。吉弘鑑理は主任の命に従い長子・義鎮を殺害しようとするが果たせず、変が治まった後にその責めを負わされる事になる。

 「義」を重んじ、時に不器用に生きる兄鑑理と、妻や子への「愛」を貫き、兄を助ける弟鑑広を通じて、男として、武士として、家長として、父として、夫として、戦国をいかに生き抜くべきかを問う物語だ。

 義鑑・義鎮・鑑理・鑑広・鑑連と登場人物の名前がややこしいのが一番の難点だが、これは我慢するしかない。

 主人公の吉弘鑑理があまりにも武骨で、その割にすぐに泣きだす男として描かれていて、そこに若干の違和感を感じた。

 

 作者の赤神諒氏は、京都市生まれで弁護士にして上智大学法科大学院で環境法を教えているという変わり種。大分県とは縁もゆかりもなく、受賞記念の座談会で「新人作家ごときが信長、秀吉、家康という大家が書いてきたものに何か付け足せるかというと、全然自信がない。誰も書いていないような、おもしろい武将がいないかと北の北海道から探していったところ、九州の大友家に行き着きました。大友家は、源平の平家に少し似ているかと思います。九州の6カ国を支配して、絶頂期を築くものの、いろいろな理由で最後はとことん追い詰められ、崩壊寸前に秀吉が九州に上陸する。ドラマチックな歴史を持った家です。」と、大友家を取り上げた理由を語っています。

 今後の出版予定として、7月に「大友の聖将(ヘラクレス)」と、9月に「大友落月記」の刊行が決定しているそうで、大友氏を巡る興味深い小説が続々と出版されるようで、実に楽しみです。



海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。