海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

別府堀田温泉 堀田温泉 - 朝日を浴びた湯は微かに白濁しているように見えた

Posted by 海心堂 on   0 

 

12-9

1041

別府八湯温泉道

No.127

堀田

堀田温泉

 

朝日を浴びた湯は微かに白濁しているように見えた

 

平成30年5月20日訪問


 今日の目的は、2月に発刊されたインバウンド向け別府ガイド本「BE@BEPPU}の8湯巡りを完遂して、「BEPPU ONSEN SPACIALIST」の認定を受ける事です。

 今朝は「薫風」と呼びに相応しい爽やかな風と、明るい青空が広がって、由布・鶴見の山々は清々しい姿を見せていた。


 最初に訪ねたのは市営堀田温泉で、午前中にもかかわらず駐車場は満車状態だった。浴室に通ると、内湯は薄墨色でタマゴスープ状の湯の花が無数に舞っていた。


 露天風呂に出ると、軒先にツバメが巣をかけていて、親鳥は盛んにえさを運び、腹をすかせたひな鳥がピイピイと餌をねだる様子が間近に見られた。

 朝日が浴びた湯は微かに白濁しているように見え、微細な硫化水素の結晶が舞っていた。


 

 別府温泉地球博物館の「別府温泉辞典」に、「環境省の統計によると、平成23(2011)年3月末現在、日本全国では27,671の源泉が登録されていますが、そのうち、動力泉は19,886、70%強を占めています。今や日本の温泉は、「湧き出す」と表現するのは、必ずしも適切ではないような状態になっています。「別府温泉地球博物館」では、原則として、それぞれを「自噴量」および「揚湯量、または揚水量」と表し、両者をまとめて表すときは、「採取量」を用いることにします。」と書かれていて、安易に「湧出量」と表現する事で自噴しているかの如き誤解を生むことを戒めています。

単純泉、45.8℃、PH7.8、成分総量999mg、無色・澄明・弱塩味・無臭 18/3/22

¥210


海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。