海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

別府堀田温泉 立ち寄り湯 夢幻の里春夏秋冬 - 造成泉も面白いなぁと思った

Posted by 海心堂 on   0 

 

12-15

1047

別府八湯温泉道

No.193

堀田

立ち寄り湯 

夢幻の里春夏秋冬

 

造成泉も面白いなぁと思った

 

平成30年6月3日訪問


 NPO法人「別府温泉地球博物館」のメルマガで、「温泉マイスターおすすめの温泉」というコーナーがあり、記事の寄稿を依頼されているのですが、今月はここを取り上げさせてもらおうと思い、確認したい事があってお尋ねしました。

 今はちょうどホタルの舞う季節なので、受付の際に訪ねてみると、今年はホタルの数が少なく、昨夜も数匹程度だったという事でした。数年前に敷地内を流れる朝見川の護岸の改修工事が行われた事が影響しているのかなと思ったのですが、「夢幻の里」に相応しいホタルの乱舞を見てみたいものです。


 男性大浴場の「虹の湯」は先客がありましたが、すぐにあがって行かれたので、その後は独占となりました。時折、木の間越しに太陽の光が差し込み、青白い湯面にスポットライトを当てたようでした。少しぬるめに調整されていて、心地よく湯を堪能しました。


 浴後にロビーで若女将を捕まえて、疑問点をお尋ねしました。分析書の泉温138℃は源泉の噴気の温度であるという事、源泉は噴気のみで湯は湧いていない事、PHや成分量の数値は浴槽内で造成された湯の分析値である事が確認できました。


 明礬温泉の湯の花小屋を思い浮かべると解りやすいのですが、硫黄成分を含む噴気は地表近くのごく浅い所で発生しており、そこにはわずかな水分しかないため、噴気だけが湧き出すことになるようです。

 噴気の吹き込み量の調整で、泉温や濁り具合はかなりの精度で調整できるそうで、これを聞いて造成泉も面白いなぁと思った次第です。

単純硫黄泉、138℃、PH6.6、
成分総量399mg

260円

(名人会割引)


海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。