海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

別府温泉 海門寺温泉 - アボイド・エリアという新発想で温泉資源を守る

Posted by 海心堂 on   0 

 

12-17

1049

別府八湯温泉道

No.3

別府

海門寺温泉

 

アボイド・エリアという新発想で温泉資源を守る

 

平成30年6月16日訪問


 次に訪れたのは中心街にある市営温泉のこちら。

 分析書の泉質は炭酸水素塩泉ですが、ちょっと前までは「ナトリウム-塩化物泉」だったはずです。


 

 今年5/31の「日経エネルギーNext」に、『別府市が温泉発電に「待った」、条例に込めた意思-FITが呼び込んだ開発ラッシュ、地域の資源を取り戻す戦いが始まった-』と題する記事が掲載された。

 「別府市が実施した源泉調査データの結果は、別府市・温泉発電等対策審議会で精査し、分析・評価を行った。この審議会の座長は、日本の温泉研究をリードしてきた由佐悠紀・京都大学名誉教授が務める。日本一の泉源数と湧出量を誇る別府には、京都大学大学院理学研究科附属地球熱学研究施設があり、由佐会長は30年前の源泉調査も手がけている。

 今回、30年前の調査時と同じ源泉を調査したところ、約7割で熱量が低下。掘削し直した源泉でも約半数で熱量が低下していた。また、掘削し直す際には、以前の源泉よりも深く掘らないと、同程度の泉温が確保できない状況であることが分かった。」

 「審議会は、源泉調査のデータを基に、熱源である伽藍岳と鶴見岳に近い明礬温泉の一帯や鉄輪温泉の一部地域などを、アボイド・エリアに指定。このエリアで温泉発電を開発する事業者に対して、FIT申請や県への掘削手続き、かねて条例で定めている市への事前協議の届出を行う前に、温泉発電審議会の事前審査を受けることを義務付ける。」というものです。

 

 ここの自家源泉においても、より深く掘削しても泉温は47.3℃と温泉として使えるギリギリの温度で、含有する塩分量が減り、炭酸水素塩泉に変化しているのです。



ナトリウム-炭酸水素塩泉、47.3℃、PH7.5
成分総量1204㎎、無色・澄明・無味・無臭 22/1/27

100円


海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。