海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

別府鉄輪温泉 鬼石の湯 - 生まれ変わった「山崎別荘」とは

Posted by 海心堂 on   0 

 

12-18

1050

別府八湯温泉道

No.125

鉄輪

鬼石の湯

 

生まれ変わった「山崎別荘」とは

 

平成30年6月30日訪問


 熊本出身の花田君が別府の町に惚れ込み、西野口町にある戦前の別荘建築の「山崎別荘」を借り受け、ゲストハウス「In Bloom Beppu」として蘇らせました。明日のオープンを控え、内覧会が行われましたので、見学してきました。


 「In Bloom Beppu」のHPのよれば、「歴史ある山崎家 In Bloom Beppuの建物は、歴史ある山崎家の古民家です。山崎家とは、一流の棟梁によって作られた近代和風建築であったため米軍の目に止まり、戦後、米軍の幹部将校の宿舎として利用されました。米軍による接収解除後は山崎家の所有となり、現在In Bloom Beppu として再利用されております。 ​職人が腕を競った別荘建築 ​山崎家の玄関は格天井で家紋入りの鬼瓦。正面妻壁一杯に、日出の左官棟梁青柳長市の作といわれる火除けの雲竜のこて絵が浮彫りで面かれ、外廻りには、擬宝珠高欄の手すりや繰形付の持送リや火灯窓・出窓などの数奇屋風の建物となっております。」とあります。


 決して豪壮な建物ではありませんが、随所に施主の好みが生かされている素晴らしい建物です。元の建築の良さを残すため、最小限のリフォームに止めて、ゲストハウスとして利用するという花田君の心意気や良しですね。



 

 鉄輪まで移動して、ここでひとっ風呂浴びました。急に強い雨が降ったり、かと思うと晴れ間が覗いたりと不安定な天候で、鉄輪地獄地帯も人出はまばらでした。浴室に入ると入れ代りに先客があがり、借り切りでした。雨の音を聞きながら、しばしゆったりと塩化物泉の湯を堪能しました。



ナトリウム-塩化物泉、88.6℃、PH3.2
成分総量4896㎎、無色・澄明・弱金気味・弱塩味・無臭 H24.3.23 加水、メタケイ酸619.0

400円

(名人会割引)


海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。