海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

ホテルトパーズ大在駅前 黄玉の湯 - 成分総量17g超の塩化物泉は強烈

Posted by 海心堂 on   0 

 

135-2

228

その他の温泉

大分県

ホテルトパーズ

大在駅前 黄玉の湯

 

大分県大分市横田1-21-8

 

成分総量17g超の塩化物泉は強烈

 

平成30年7月16日訪問


 次に訪ねたのはJR大在駅前のビジネスホテル「トパーズ大在駅前」の黄玉の湯です。12:00のオープンまでロビーで少々待ち、清潔感のある脱衣所から浴室に通ると、薄暗い明りの下に黄褐色の濁り湯が湛えられていました。


 成分総量17g超の塩化物泉は強烈で、顔をぬぐうと塩分が目に沁みます。キシキシの浴感の源泉は迫力がありますが、ビジホの湯としてはちょっと個性的過ぎるかもしれません。


 大分市に湧出する温泉は非火山性温泉で、地下600~800mの平地部の深層に貯留する深層熱水で、大分市は「大深度地熱温泉」と呼んでいます。塩素イオンを主成分とする強塩化物泉と、コーヒー色や薄い黄色のモール炭酸水素塩泉があります。大分県の発表によれば、源泉数は238、湧出量17,063l/分(H28.3.31現在)は全国でもトップ10に入るほどです。

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、47.7℃、PH6.9、成分総量17928mg H28.6.9

¥450


海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。