海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

湯の里 渓泉 ♨国東半島唯一の硫黄泉♨

Posted by 海心堂 on   0 

87-3/232 その他の温泉 大分県国東市国見町赤根180

湯の里 渓泉 ♨国東半島唯一の硫黄泉♨

 

平成30年8月12日訪問

 

 国東半島の豊後高田市が「国東六郷温泉」で売り出し中なのに対し、こちらの国東市は温泉にあまり恵まれていません。天然温泉はここと、同じ赤根地区の「国見温泉 あかねの郷」だけです。




 

 あかねの郷はカルシウム-硫酸塩泉ですが、こちらは弱アルカリ性の含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉で無色・透明、ほのかに硫黄香があります。泉温が32.6℃と低いので、内湯は加温・循環です。露天風呂は加温・掛け流し浴槽と、加温なしの五右衛門風呂があります。この加温なしがこの季節には心地よく、長く浸かっていられます。




 

 国東半島は標高721mの両子山を主峰とする古い時代の火山群で、谷が海岸線に向かって放射線状に伸びているため、夷谷温泉とこことは直線距離では2kmほどですが、12km以上も遠回りする必要があるので、注意が必要です。

 

【分析書データ】含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(硫化水素型)、32.6℃、PH7.6、成分総量1306mg、40L/min、無色・澄明・無味・中硫化水素臭 H14.12.10

 

入浴料 400円

海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。