海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

大分県立美術館(OPAM)「にっぽん芸術文化祭」(後編)

Posted by 海心堂 on   0 


大分県立美術館(OPAM)「にっぽん芸術文化祭」(後編)

 

 次に見た展覧会は「おおいた美術散歩 OPAM & 豊の国」です。国民文化祭おおいた2018では大分県下を5つのブロックに分け、ブロックごとにテーマを掲げ、そのテーマに沿った芸術文化活動が展開されています。

 この展覧会は5つのブロックの特色ある美術品を展示するものです。



 出会いの場:大分市・別府市・由布市では、福田平八郎の「新雪」は代表作の一つで、県が6800万円で購入を予定している作品。高山辰雄の「食べる」は無心に何かを食べる幼な子の姿が感動的、同「豊かな濱邊」は郷土愛溢れる大作です。竹工芸の最初の人間国宝:生野祥雲斎の「炎」はモダンで緊張感のある美しさ。

 祈りの谷:豊後高田市・杵築市・宇佐市・国東市・姫島村・日出町では、鏝絵の「鯛廻し恵比寿」が愉快です。河合誓徳の「望郷」は故郷・国見町の風景が描かれた最晩年の作品。

 豊かな浦:佐伯市・臼杵市・津久見市では、作者不詳の「蒔絵螺鈿聖者像聖龕」は宗麟時代のキリシタンの貴重な文物。



 耕す里:竹田市・豊後大野市では田能村竹田の「稲川船遊図」は繊細な描線と鮮やかで深みのある色彩が目に清々しい作品で国の重要文化財。朝倉文夫の「墓守」は人物の内面まで表わしている深みある名作。



 水の森:中津市・日田市・九重町・玖珠町では、宇治山哲平の「童」は明るく楽しく、抽象画もいいなと思わせてくれる作品。岩沢重夫の「浜の朝」はかっちりとした構成と抒情性が同居した名作。



 もう一つは「OITA DESIGN POWER 2018「 Design Cafe 4」-おおいた文化の祭典- 」というイベントで、県内をはじめとする日本国内のクリエーター55組が、「デザインとの出逢い」をテーマに展覧会を開催していました。Facebook友達の杉本国雄さんが、自身がデザインされた「くにさき七島藺表」で作ったイスを出品していました。




 畳表の「くにさき七島藺表」は、国が地域ブランドとして保護する「地理的表示保護制度」に登録されている、日本で唯一の青筵の畳表です。江戸時代には大分県下の府内藩、日出藩、杵築藩で栽培が行われていました。現在の大分市の府内藩においても主要な産物でした。七島藺表は丈夫な事で知られ、昭和40年代までは柔道場のタタミは七島藺表で作られており、1964年の東京オリンピックの柔道場でも使われました。

 杉本さんもこの事はご存じで、2020年の東京オリンピックでも使われればいいなぁと話し合いました。

 しかし、最盛期の昭和10年の県下の生産量は、1600haで6,500,000枚が栽培されていたのですが、現在はわずか1haで3000枚、農家数も10軒ほどと、とんでもなく少ないのです。

 杉本さんにそっとお値段をおたずねしたところ、一脚が20万円ほどになるそうで、お求めやすい値段になることも課題のようです。

 今後も国民文化祭に協賛した展覧会やステージ・イベントが数多く開催されるようです。機会があれば、レポートします。

海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。