海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

大分市やま揃え~後世につなぐ文化の架け橋~

Posted by 海心堂 on   0 

 

 大分市やま揃え

~後世につなぐ文化の架け橋~


 平成30年11月3日、「第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」の分野別事業として、大分市各地に現存する歴史ある山車(やま)を一堂に集結させ披露されました。

 大分市には各地の神社の祭りで引き回される山車が140台以上も伝わっていると言われています。ただ、旧府内藩の市内中心部には一台もなく、大分川以東の三佐・松岡・三川・高松・向原・葛城・皆春・家島などに点在しています。



 これは府内藩では禁じられていたものの、大分市東部の竹田岡藩や熊本細川藩の飛地 では許されていた事によるものでしょうか。


 もう一つの理由は、参勤交代で江戸へ向かう藩主を乗せる御座船等の船を新造・修理するための大工が数多くおり、これが発展して神社仏閣を手がける大工集団となりました。この三佐大工が絢爛豪華な山車を作ったのです。


 午後2時に中央通りが歩行者天国となり、市内各地から駆け付けた31台の山車が大通りを駆け抜けました。





 夕刻4時からは大分城址公園でステージイベントが行われ、太鼓の演奏や小池原神楽の4頭もの大蛇が登場する迫力の大蛇退治が上演されました。



 31台の山車もここに結集し、6時に一斉に明りを点灯して、府内城仮天守のイルミネーションと共演、拍手喝さいを浴びました。






 私の住む城崎町は府内藩内の長浜神社が氏神様で、夏祭りに神輿の巡行がありますが、もともと山車はありませんでした。今回のイベントに向けて、氏子の舞鶴町 若手連が高さ6mにも及ぶ山車を新調しました。山車をかざる彫刻や引幕などはこれから徐々に整備されるのでしょうが、今後はこの山車が祭りに花を添える事でしょう。

   

海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。