海心堂の温泉逍遥

日本一のおんせん県おおいた(別府八湯温泉道、奥豊後温泉文化伝)を中心に、九州の温泉(九州温泉道)の入湯記録

地獄ハイキング 「明礬~小倉~照湯コース」(前編)

Posted by 海心堂 on   0 

地獄ハイキング 「明礬~小倉~照湯コース」(前編)

明礬温泉地熱地帯とアボイド・エリアの温泉発電所を歩く

温泉マイスターガイド・レポート

 

 NPO法人別府温泉地球博物館主催の地獄ハイキング2018年度の秋の第4回は、平成30年11月24日(土)、「明礬~小倉~照湯コース」での開催でした。このコースは京大地球熱学研究施設提供の「明礬1」と「明礬2」を合体させ、小倉地区の温泉発電所を加えたオリジナルコースで、不肖私がガイドを努めることになりました。


 


 


 朝方はかなりの冷え込みで心配されましたが、午後には雲一つない好天となり、スタート地点の明礬湯の里には海外からの観光客も数多く見うけられました。

 

 13:30にスタート地点の「明礬湯の里」に集合した参加者は、ご夫婦で参加のYさん、福岡県からわざわざ参加くださったAさん、Kさんはじめ10人と、事務局のIさん、ガイドの私の総勢12人です。いつもご指導頂いている京大名誉教授の竹村先生は、ご都合がつかず欠席されましたので、ガイド役としては少しだけ不安な思いを抱えての出発です。

 


 まずは湯の里の「湯の花小屋」を見学しました。明礬温泉の湯の花製造技術は国の重要無形民俗文化財に指定された独特なもので、文化庁のHPによれば「作業は、湯の花小屋づくりと小屋の内部で湯の花を結晶化させる作業に大きく分けられる。湯の花小屋は、噴気を通した小屋(こや)床(どこ)のうえに藁や茅で屋根を葺いたもので、内部は噴気が一定の強さでまんべんなく噴き出し、温湿度を一定に保ちやすい構造になっている。その小屋床に青粘土を敷き固め、噴気の強さを調節して内部の温湿度を一定に保つことで、湯の花の結晶を作り出す。  このように本件は、温泉の沈殿物などを採取するのではなく、湯の花小屋という特殊な製造施設をつくり、内部で噴気と青粘土を巧みに利用して湯の花の結晶を作り出すという全国でも類を見ない貴重な民俗技術である。」と説明されています。









 強調しておきたいのは、明礬温泉の湯の花は水溶性が高い点です。全国各地の温泉地でみられる湯の花は、温泉の沈殿物を採取したもので湯に溶けにくいのですが、明礬温泉湯の花は製造過程で降雨に溶け出すのを防ぐために、藁屋根をかけなければならない程に水に溶けやすいのです。

 

 湯の花小屋の奥、大露天風呂の崖下に「温泉池」があります。これは別名「七色地獄」と呼ばれるそうで、気温などの変化により透明な青、白濁、青白濁と色を変えることから付けられた名前だろうと思われます。





 さらに奥には「坊ちゃん地獄」があり、案内板には「活断層を傳って噴出する噴気で長い年月に醸成された鉱泥は美容と健康に効能があります。」と書かれていました。

 明礬湯の里の露天風呂はPH2.3の酸性硫黄泉ですが、豊前屋はPH5.1、ハートピア明礬はPH6.4、豊山荘はPH9.0と、標高が下がるにつれ酸性度が低くなっています。

 湯の里露天風呂の源泉は、崖下に昔から湯の花小屋を建てていた場所があって、そこで自然湧出しておているものを、ポンプアップして使っているそうで、裏の山中で湧き出しているのではないようです。

 

 明礬湯の里の入り口から明礬集落の狭い路地を進みます。明礬集落は狭く急な傾斜地に旅館や観光施設、湯の花小屋が密集しています。この傾斜地から湯の花製造に欠かせない青粘土が採れますが、不安定な地盤であるため、崖崩れ・土砂崩れ・土石流などの自然災害もたびたび起こっています。


 

 左手に別府明礬橋と別府湾、その先の高崎山が見えます。橋の施工を担当した鹿島建設のHPによれば、「眼下に別府八湯の一つ明礬温泉を見下ろし,別府湾を遠望する景勝の地に建設されたコンクリートアーチ橋である。架橋地点周辺が温泉地帯のため,温泉脈の保護とともに,温泉成分の影響によるコンクリートの腐食を防ぐ必要があった。一方で観光地の景観や経済性なども考慮しなければならない。  その結果選ばれたのが,大スパンを可能とするRC固定アーチ橋の構造形式だった。有効幅員9.0m×2,橋長411m。アーチスパン235mは当時東洋一の規模を誇った。  コンクリートの大敵,強酸性による腐食対策をいかに講じるか。その課題を解決するため,着工に先立って様々なコンクリート・テストピースの暴露試験を行った。そのデータに基づいて,コンクリートの厚さを増すとともに,基礎橋台部のコンクリートには,エポキシモルタルによるライニングが施された。この基礎橋台部のコンクリート量は4m3を超える大規模なもので,打設にはコンクリート硬化時の発熱を抑えるために砕氷が混入された。 」とあります。

 



 さらに進むと市営温泉の地蔵泉に着きました。湯温の低下などにより閉鎖されていますが、湯抜きの煙突からはさかんに湯けむりが出ていました。明礬温泉は硫黄泉と酸性泉で知られていますが、市営温泉は硫黄泉のここが閉鎖され、酸性泉の鶴寿泉があるだけの片肺状態が長く続いているのが残念です。

 



 坂を下ると「明礬薬師寺の石垣」が見えてきました。ここの石垣は複雑な造りになっています。一番下は阿蘇凝結溶解岩の切石、その上は別府石の乱積みです。さらにその上はコンクリートブロックが積まれています。年代を経るとともに石垣を高くする必要があり、その都度材料が変わって来たのではないかと思われます。


 


 


 薬師寺の境内に「平田川の上流部」が流れています。平田川は明礬薬師寺のお滝などを源流として、明礬地区の南端を流れ下り、鉄輪の海地獄の下、おにやまホテルと黒田やの間、谷の湯とひょうたん温泉裏を通り、別府大学前で北に向かい、別府競輪場の北側で別府湾に注いでいます。江戸時代の明礬温泉は、北は天領で南が豊後森藩の飛び地でした。この領地を画していたのが平田川でした。

 



 川沿いを少し登ると「明礬薬師寺のお滝場」に出ます。落差4m程の滝で、古くは修行の場となっていたのではないかと思われます。周りのおびただしいお大師様は、かつては明礬や鍋山の山中に祀られ、「明礬八十八所」の霊場となっていましたが、今ではここに集められています。

 



 薬師寺の境内には共同浴場「とびの湯」がありました。泉質は無色透明の炭酸泉であったとの記録を目にしました。また、豊後森藩主久留島通嘉が作らせた『鶴見七湯廼記』に、「とびの尾の湯は明礬山に有、此ものを製作する地場と云畑の西なる岡にあり、凡明礬湯に同物也、この温泉はいささか硫気至て強く、湯井のあたり石間には、みな硫気凝付たり、礬湯よりも酸きかた強くして、聊も口中などには入れがたし、諸瘡を癒すことはまことに神のごとし」との記述もあります。

 

 お滝場から本堂に向かう途中の奥に「明礬薬師寺西方の地熱地帯」が見えてきました。今は立ち入り禁止になっていますので近づく事は出来ませんが、緩い傾斜に沿って地熱地帯が広がっています。最上部に自然湧出の硫黄泉が観察できます。かなりの高温で、湧出量も十分です。湯だめ桝や配湯パイプがありますので、下の民宿や民家に配湯されているようです。


 参加者の皆さんはさすがに好奇心旺盛で、自己責任のもとの現地観察に余念がありません。

 





(後編に続く)

海心堂

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。