プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

別府鉄輪温泉 熱の湯温泉 - 澤西祐典『別府フロマラソン』出版記念トークイベント

 

10-84

936

別府八湯温泉道

NO.39

鉄輪

熱の湯温泉

 

澤西祐典『別府フロマラソン』
出版記念トークイベント

 

平成29年8月6日訪問


時折、強い風の吹く中、鉄輪まで下ってくると蝉の声が暑苦しいものに変わり、地熱が地表近くを漂って蒸し暑さでうだるようだ。そんな中、浴後に汗が引かないここを訪れるのは勇気がいる。塩化物泉は別名「温まりの湯」で、塩分が皮膚の表面を覆い、湯冷めを防いでくれると言われるからだ。


また、ここは天然の保湿成分といわれるメタケイ酸が689.6mgも含まれている。しかも、塩化物泉で弱酸性の湯は極めて珍しく、「鉄輪臭」といわれる独特の芳香を持っている。この日は浴槽内で60を数え、水道で水浴びをしてすぐに上がった。

 

15:00からは鉄輪の冨士屋一也百ホールで、「澤西祐典『別府フロマラソン』出版記念トークイベント」が開催された。澤西氏と大分市のカモシカ書店店主:岩尾晋作氏がトークライブを繰り広げ、著者の来歴、別府大学の講師となった経緯、本書執筆の動機や裏話が語られた。


別府八湯を舞台とする小説といえば、織田作之助の「続夫婦善哉」をはじめ「流川文学」と呼ばれることがあるが、関西汽船で来別した関西人の別府での営みが主題となっており、別府独自の文学作品とは言い難い感がある。澤西氏の次回作では別府の奥深さを描いてほしいと切望したところ、別府を舞台とした作品はこれで最後とのことで、ちょっと残念だ。

ナトリウム-塩化物泉、83.4℃、PH4.1、成分総量4535mg
無色・澄明・弱塩味・無臭 H21.3.10 市有渋の湯上泉源

無料


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府明礬温泉 明礬湯の里 - 今年の「別府八湯検定」も「準カリスマ」に終わった

 

10-83

935

別府八湯温泉道

NO.59

明礬

明礬湯の里

 

今年の「別府八湯検定」も「準カリスマ」に終わった

 

平成29年8月6日訪問


8/6(日)午前は恒例の「別府八湯検定」に挑戦した。今年で第7回を迎えたが、未だに「別府八湯カリスマ」の称号は手にしていない。最近は九州産業大学の浦達雄先生による超難問を楽しみにする余裕も生まれてきたが、速報によると今年も残念ながら「準カリスマ」に終わったようだ。


検定終了後、同じ会場で小説「別府フロマラソン」の著者:澤西祐典氏のサイン会が行われた。

 

次の予定までの空き時間に、ここを訪れた。台風接近中という事もあり、さすがに客足はまばらだ。折からの風に木々がザワザワと揺れる中に、裏山からはカナカナという蜩の声が聞こえてくる。ここは酸性硫黄泉で、強烈な酸味、青白濁の美しい色と温泉らしい独特の香りがある。


ここを営む脇屋家は、江戸時代に脇儀助が森藩領の鶴見村で、明礬製造を始めたことにさかのぼる。その後、徳川幕府の許可を得て天領の野田村明礬山で明礬製造を始めた。平田川のを隔てて東が天領で脇屋家が差配し、西は豊後森藩久留島家の飛び地で岡本屋旅館の岩瀬家が差配していた。国の重要無形文化財に指定された「湯の花の製造技術」により作られる入浴剤は、この両家により守り伝えられている。



酸性・含硫黄-単純温泉、64.4℃、PH2.3、
成分総量864mg、無色・弱白濁・弱収斂味・強硫化水素臭 H27.3.24 水素イオン 5.0 硫酸イオン470 メタケイ酸160.8

¥0
(七段無料券)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 豊泉荘 - 週末は温泉関連のイベントが目白押しだ

 

10-82

934

別府八湯温泉道

NO.20

別府

豊泉荘

 

週末は温泉関連のイベントが目白押しだ

 

平成29年8月5日訪問


今年も8月第1週の週末は、温泉関連のイベントが目白押しだ。8/5(土)は別府市の溝部学園短期大学の「温泉コンシェルジェ公開講座」が、タレントの北出恭子女史を講師に招き「私を虜にした温泉の魅力」と題して、別府市役所のレセプションホールで10:30~16:00の長尺で開催された。


特に「女性目線=北出目線で見る温泉の魅力」や、ゲストの温泉写真家:杉本圭さんのお話しが興味深く、あっという間の4時間半だった。昨年の熊本地震とその後の豪雨で大変な被害を蒙り、再建途上の南阿蘇の名湯:地獄温泉清風荘の川津ご夫妻が参加されており、ご挨拶させていただいたが、日帰り入浴再開までにあと一年、旅館の再開には二年を要するようで、心が痛むと共に接近中の台風5号の影響が懸念された。

18:30からは「温泉マイスター協会」2周年記念講演会、 「鼎談:3名人が別府温泉の魅力を語る Part.2」と題し、齊藤雅樹、土谷雄一、北出恭子のお三方の対談が行われた。斎藤先生は先月、北方四島のビザなし渡航に参加されたとの事で、私から北方領土の温泉事情について質問し、大変な温泉ワンダーランドの可能性を秘めているとの回答をいただいた。


2つのイベントの合間の時間で、耐震工事が終わり営業を再開したこちらを訪ねた。外観や浴室の様子は依然と特に変わりはなく、無色・透明の土類泉が掛け流されていた。ちょうど夕食前の時間にあたり、宿泊客が続々と入浴に来られ、盛況の様子だ。ただし、日帰り入浴は¥500円に値上げされ、次の温泉本発刊までは無料券・半額券は使えない様なので、注意が必要だ。



ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩泉、57.1℃、PH7.4、成分総量1061mg
45/min、無色・澄明・無味・無臭  H21.12.11

¥500


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府観海寺温泉 湯~園地(ラクテンチ) - 前代未聞の「湯~園地」の舞台裏

 

10-81

933

別府八湯温泉道

臨時

観海寺

湯~園地

ラクテンチ

 

前代未聞の「湯~園地」の舞台裏

 

平成29年7月29日訪問


ついに架空であったものが、現実のものとなった。事の起こりは昨年11月、全国から温泉に係わる関係者を集めたシンポジウム「別府ONSENアカデミア」で、長野恭紘別府市長が「遊べる温泉都市構想」のためのPR動画を発表した事に始まる。しかも、この動画の再生回数が100万回を超えれば、架空の遊園地を実現すると公約したのだ。わずか3日で目標を突破し、実現に向け走り出した。

市長は市の予算を使わない事も併せて公約しており、クラウドファンディングや協賛企業からの寄付を募り、8,182万円もの資金を集めたのだ。


 

長野市長はこのキャンペーンの真の狙いを以下のように語っている。「私たちには常日頃から終始一貫した太い戦略の柱があります。それは別府市民に「このまちが世界一だ」と思ってもらうこと。現在地方では人口減少、若い人の流出が進んでおり、もはや政策だけではカバーするのが難しい状態になっています。そこで必要なのは、別府に誇りと愛着を持ってもらい、地元で生きていくことに価値を見出してもらうことだと考えています。

実は「湯~園地」の動画も、内向きの動画なんです。一見、外部の観光客へのPR動画のようにも見えますが、本当に見てほしいのは別府の市民の方なんですよ。

この動画のねらいは3段階あります。一番大事なのは、現在別府に居住している人に「別府はすごい」と思ってもらうこと。次に、外に出ている別府の人に「別府はすごい」と自慢してもらうこと。最後に、外部の人に「別府はすごい、行ってみたい」と興味を持ってもらい、実際に来ていただくことです。」

 

さて、ここからはボランティアスタッフとしての29日の現地の様子をリポートします。早朝5時に家を出て、スタッフ専用駐車場で仲間の車に乗り換え、乙原ゲートに向かいました。受付でスタッフTシャツとバスタオルを受け取り、更衣室で水着とバスタオル姿になり、園内をブラブラしながらガーデン広場に向かいます。ここはゲストのウェルカムエリアとなっていて、音楽に合わせてお湯や泡が噴出され、バスタオル姿の大勢のスタッフが踊ってます。周りには飲食屋台が開店準備に余念がありません。


開園は10:00ですが、ケーブルカーの定員は50名しかなく、メインゲートから乙原ゲート間の小型シャトルバスで入場するゲストも多いので、入場開始時間は7:00になっています。ゲストが入場を開始すると、ウチワを持った高校生スタッフが笑顔で迎えています。クロークでずぶ濡れになってもいい衣装に着替えたゲストが、園内に溢れ始めました。


9:40オープニングセレモニーが始まった様ですが、ここからは見えません。後で聞いた所によると、別府八湯温泉道「泉聖(名人を88回達成した人に与えられる最高の称号)」のサッシーこと指原勇さんが市長に扮して登場し、会場を大いに沸かせたそうです。また、HKT48の指原莉乃さんがお忍びで来援され、園内を楽しそうに散策されていたようです。(二人のサッシーを混同した記事をUPしましたが、お詫びして訂正します。)


別府八湯温泉道名人会は「Oh~極楽!!遊べる地獄大露天風呂」の運営を任されました。プールには恵川商事様提供の1万個の「アカパックン ベッぴょん玉」が浮かべられており、記念にお持ち帰りもできました。我々はトラ柄のパンツに角の付いたアフロヘアの被り物で、地獄の鬼に扮しお出迎えです。ゲストの熱気で気温も急上昇、プールは芋の子を洗うような大盛況です。ウォータースライダーは身長120cm以上の制限があり、小さな子供達を通すことができなかったのが辛かったなぁ。





お昼を過ぎるころには来園者は最大になり、初日のゲスト数は5,000人との公式発表がありました。

プール前のステージでは、長野市長や総合監督の清川進也氏をはじめとするスタッフのインタビューが行われたり、お笑い芸人のダイノジ、野良レンジャーのトークショーがあったりと、終日、賑やかな空気に包まれていました。

5分毎にプールの上方にある巨大バケツがひっくり返り、大量の水が落下するのですが、この水を一日中浴びていたのが名人会会長の佐藤さんです。


16:15ウォータースライダーの受付終了、16:30にプールの使用を終了し、17:00の閉園まで皆でプールの清掃と後かたずけをしました。

 

ここまで話題となり、多くの入場者を集めたとなると、「常設の施設に」との声が出てくることは想像に難くありませんが、ボランティアの多くは、「最初で最後の事だから」と参加を決めたのではないでしょうか。仮に遊具のメンテナンス等の技術的な面が解決できたとしても、真冬にずぶ濡れになるのは無理だし、なによりボランティアは集まりません。

楽しかったけど、やはり暑かったし、疲れました。けれど、このイベントを別府市と別府を愛する多くの仲間たちで成功させた事を誇りに思います。

 

無料
ボランティア)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府明礬温泉 岡本屋旅館 - リニューアルした岡本屋で贅沢三昧♪

 

10-80

932

別府八湯温泉道

NO.62

明礬

岡本屋旅館

 

リニューアルした岡本屋で贅沢三昧♪

 

平成29年7月23日訪問


7月某日、別府八湯名人会から「リニューアルした岡本屋で贅沢三昧♪」なるイベントのご案内があった。「昨年の地震から補修工事が終わった明礬温泉 岡本屋旅館さんから名人会の皆さんを無料ご招待したいとの案内がありました! 入浴、ランチ(たまごサンド・地獄蒸しプリン・鳥天・コーヒー)全て無料でご招待なのでお時間がある方は是非お越しくださいませ
」。なんとも太っ腹にして有り難いイベントで、もちろん参加させていただく事にした。



当日は13:00より、男子有志による風呂場の清掃が行われ、女子向けには岡本屋の湯の花を原料にした石鹸・クリームによる美肌レッスンが行われた。



その後はお待ちかねの庭園露天風呂での入浴。男女の参加者26人が、混浴で岡本屋自慢の「青磁色の神秘の湯」、単純酸性硫黄泉を楽しんだ。



そして、岡本屋売店名物の地獄蒸しプリン、タマゴサンド、とり天、りゅうきゅうにコーヒーの豪華ランチへ突入、その美味を存分に堪能した。岡本屋さん、ありがとうございました。


 

大分県立図書館の「豊の国情報ライブラリー」によれば、「別府で初めて明礬を作ったのは渡辺五郎右衛門で、江戸時代前期のことでした。その後、脇儀助(儀右衛門、儀左衛門とする資料もある)が明礬山を開きます。当時、明礬山は森藩と幕府領とに跨っていて、森藩側が鶴見明礬、天領側が野田村明礬と呼ばれていました。明礬の製造そのものは幕府が渡辺家に特許を与えて保護し、後に脇家に支配を任せていました。天保の改革(1830年)の際、幕府は製造を中止し、森藩の直営一本になります。幕末には、山奉行岩瀬謙吾が藩の代表として明礬製造を支配しました。明治維新からは、大分県の直営になりましたが、外国からの新技術を取り入れた他県産のものや輸入品に押され、明治17年、湯の花製造と旅館の開業に転向しました。その後、交通の発達とともに旅館も増加していき、明礬地域は湯治場として発展していきます。皮膚病に効くという湯の花の評判と相まって、昭和10年代と戦後の一時期、明礬温泉は黄金期を迎えることになります。」とある。

 

ここに出てくる「山奉行岩瀬謙吾」が岡本屋の先祖で、旅館の創業は1875(明治8)年、屋号は出身地である岡本村(現在の竹田市)から来ているそうだ。


 

さて、連日の猛暑で湯巡りがペースダウンしているが、ようやく別府八湯温泉道10巡目の十段完了。7/29は「湯~園地」のボランティア、8/6は「第7回別府八湯検定」に挑戦、暑い夏がまだまだ続きそうだ。

酸性・含硫黄-単純泉(硫化水素型)、74.4℃、
PH2.6、成分総量516mg、
無色・澄明・中酸味・弱硫化水素臭 H27.6.23
メタケイ酸153 HSO³21.4

¥0(特別ご招待)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行