プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

くにさき六郷温泉 花いろ温泉 - 2つの炭酸冷鉱泉が味わえる贅沢さ

 

3-37

269

九州温泉道

NO.149

大分県

くにさき六郷温泉

花いろ温泉

 

2つの炭酸冷鉱泉が味わえる贅沢さ

 

平成28年7月24日訪問


この日の2湯目は豊後高田市のこちら。前施設からここへ向かう途中に、宇佐神宮の最重要神事の一つの「放生会」が行われる「和間の浮殿」がある。


放生会は養老4(720)に隼人族が反乱を起こした際に、宇佐八幡神は朝廷軍に協力しこの反乱を鎮圧したが、その後宇佐地域は疫病や凶作が続いたため、隼人の祟りだと信じられ、その霊を弔うためにニナ貝を放って供養する儀式が起こったことに由来する。この戦の折に、傀儡舞で隼人を油断させたと伝えられており、今もこの舞が中津市の古要神社と吉富町の古表神社に伝わっている。


さて花いろ温泉だが、豊後高田市営の健康交流センターの一部としてスタートしたが、当初は循環・加水・加温・塩素消毒で何かと評判が悪かったが、昨年より炭酸冷鉱泉の源泉浴槽が設置され、大評判となっている。しかも、30℃と24℃の二つの源泉が味わえるという贅沢さだ。24℃の源泉は鉄分が多いが炭酸成分は少なめ、もうひとつは炭酸分が豊富で成分総量5g超の良泉だ。この季節には最適なので、ご老人方が占有して、いつまでも空かないのが玉に傷だ。



温泉:含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉、30.9℃、PH6.5、成分総量5303mg、
微弱黄色・微弱白濁・微弱炭酸味、無臭 H26.6.30 
メタケイ酸190、遊離炭酸1130、炭酸水素イオン2730

冷泉:含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉、24.2℃、PH6.2、成分総量3840mg、
無色・澄明・弱炭酸味・中金気味・殆ど無臭 H26.7.3 メタケイ酸168、遊離炭酸1080、炭酸水素イオン1770

¥300


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

七滝温泉 お宿華坊 - 渓流沿いの露天風呂はコバルトブルーの湯

 

3-35

267

九州温泉道

NO.77

熊本県

七滝温泉

お宿 華坊

 

渓流沿いの露天風呂はコバルトブルーの湯

 

平成28年6月19日訪問


次は今年四月に新規対象施設となったここ、瀬の本から黒川温泉の入り口を過ぎて、ファームロード入り口のすぐ先を左に曲がり、鬱蒼とした山道を5分ほど進むと、一軒宿のここに着いた。


落ち着いた民芸調のフロントで受付を済ませ、屋根のかかった外階段を下った先に大浴場があった。


石張りの小さめの内湯はやや熱め、その先に渓流沿いの露天風呂がある。黒川温泉のやまびこ旅館や黒川荘を思わせるコバルトブルーの湯が掛け流され、ややぬるめのためゆっくりと浸かる事が出来た。折からの雨ですぐそばの渓流は、濁ってゴウゴウと流れていたが、木々の緑が鮮やかで、心癒されるいい湯だ。


満願寺温泉館が指定から外れ、その代りがここなのかもしれないが、黒川の2施設と似たコンセプトの宿の、同じような泉質の湯で、代わり映えしない感が残った。

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、59.0℃

¥500



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

岳の湯温泉 豊礼の湯 - ややくすんだ色の「青湯」

 

3-36

268

九州温泉道

NO.156

熊本県

岳の湯温泉

豊礼の湯

 

ややくすんだ色の「青湯」

 

平成28年6月19日訪問


九州温泉道の選定委員の一人の北出恭子女史が、新しい温泉案内書を出版された。「九州絶品温泉 ドコ行こ?」という著作で、温泉マニアが必要とする情報をコンパクトに纏めてあり、素晴らしい出来栄えの本だ。

この本に触発されて、小国町と南小国町の名湯と未湯の施設を巡ることにした。初めに訪れたのは「青湯」が楽しめるここ。朝から警報が出るほどの豪雨で、途中で霧に包まれたりの生憎の天候だが、ここに着く頃には雨も上がった。


沸騰泉のアルカリ性塩化物泉で、メタケイ酸(シリカ)を豊富に含むと、「青湯」になるとされているが、湯によってその色は様々で、ここはややくすんだ感のある色だ。メタケイ酸の含有量は73.4mgと意外なほどに少ないためだろうか。ツルツル・スベスベ感もやや控えめだが、浴槽の床が心地よいほどに滑らかなのは、シリカの堆積のためだろう。



ナトリウム-塩化物泉、96.5℃、PH8.36、
成分総量2620mg、
無色・澄明・中塩味・弱硫化水素臭 H22.3.18

¥500


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

大分市大深度地熱温泉 丹生温泉 和みの湯 - 明るい黄色のモール泉で、成分総量5g超の強塩泉。

 

 

3-34

266

九州温泉道

NO.154

大分県

丹生温泉

和みの湯

 

明るい黄色のモール泉で、
成分総量5g超の強塩泉。

 

平成28年6月12日訪問


ここは今年4月から新たに対象施設となった。大分市有の温泉で、キャノン大分工場が進出する際に、地元の要望を受けて作られた施設で、運営を社会福祉法人大分市福祉会に委託している。

大野川左岸の河岸段丘上にあり、広い敷地に建つ浴舎には、男女別の内湯と露天風呂がある。46.7℃の明るい黄色のモール泉で、成分総量5g超の湯はかなりの強塩泉だ。



大分市観光協会のパンフレットより、「最新の研究によれば、大分平野で湧出する温泉のうち、高塩分型の温泉水に含まれる炭酸成分のほとんどが深部に起源を持つ二酸化炭素とされ、従来の解釈であった堆積層中にあった海水とは異なる起源水の存在が明らかになりました。その供給源としてはフィリピン海プレートの沈み込みによって生み出された熱水と指摘されています。(中略)兵庫県にある有馬温泉も同様のメカニズムとされ、このような温泉は有馬型温泉と言われています。



ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、46.7℃、Ph7.3、成分総量5324mg、微弱黄色・澄明・弱塩味・微弱鉱物臭 H25.3.8 メタケイ酸168

¥300


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

田主丸温泉 みのう山荘 - 「単純泉もいいなぁ」と感じさせてくれる一湯

 

3-32

264

九州温泉道

NO.147

福岡県

田主丸温泉

みのう山荘

 

絶景・温泉・美食が詰まった日帰り温泉施設。

 

平成28年5月28日訪問


田主丸町の耳納連山の中腹にある立ち寄り湯とおしゃれなカフェのある施設で、天気が良ければ眼下に広がる筑後平野の眺望が楽しめるようだ。あいにくこの日は雨模様の天気で、霧に煙る山肌の景色を望むだけだった。

受付から階段を10段ほど登った場所に大浴場があり、広いガラス窓から自慢の眺めが楽しめる。緑の天草石の浴槽に、無色・透明の湯が掛け流されており、かすかなツルツル感の他は特徴のない湯ながら、湯の新鮮さと清潔感に好感を持った。ヒノキの湯縁からオーバーフローして流れ出る湯が、洗い場をサラサラと流れるさまもニクイ演出だ。


少し下がったところに露天風呂があるが、大きな自然石を組んで作られており、裏山との一体感があり、心地よい造りだ。


こんな湯をいただくと、「単純泉もいいなぁ」と感じるし、そう感じさせてくれる心地よさのある一湯だ。

弱アルカリ性単純泉、50.2℃、Ph、
成分総量683.5mg、無色・澄明・無味・無臭 H23.2.21

¥700


続きを読む

テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行