プロフィール

Author:海心堂
大分市在住
 別府八湯温泉道第118代永世名人
 九州温泉道泉人
 奥豊後温泉郷マイスター
 黒川温泉湯巡り達人

 温泉マイスター協会
  温泉マイスター&シニア・マイスター
 温泉ソムリエ

 しんけん大分学検定中級
 別府八湯検定準カリスマ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

長湯温泉 水神の森 - 一定間隔で源泉を供給することの是非

 

5-12

165

奥豊後温泉文化伝

NO.24

長湯

水神の森

 

一定間隔で源泉を供給することの是非

 

平成30年7月11日訪問


 2年ぶりの再訪ですが、これまでと違う雰囲気を感じました。玄関の自動ドアは動かず、広々としたロビーには乱雑感があり、水道のトラブルが起こっていたようで業者さんが走り回っていたりしました。

 「水が出ないけど良ければ」と言われ、構わないと答えて浴室に向かいました。広々とした内湯は、湯は張ってありましたが源泉が注がれていません。そのためいつも浴室内に充満している炭酸臭も感じられません。


 浴槽に浸かりしばらく待ってみましたが、源泉が注がれる様子がありません。たまらずフロントに声をかけると、パイプに析出物が付着するのを軽減するため、10分間隔で6分間だけ源泉を供給しているとの事でした。


 けど、この考えには疑問を持たざるを得ません。10分間源泉が注がれない浴槽のたまり湯は、新鮮さがなく、炭酸泉の特徴が失われてしまいます。配管のメンテナンスが大変なのは解るけれど、それじゃあ本末転倒です。源泉が素晴らしいだけに、残念です。

含鉄(Ⅱ)-ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、
44.8℃、Ph6.8、成分総量5648mg
弱黄褐色・中乳白色・弱白濁・中炭酸味・中金気味・湧出口では炭酸による刺激臭、77L/min 19/7/3

¥400

(温泉文化伝割引)



テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 別府パストラル - 内湯はかなり大きな浴槽で、別府でも5本の指に入る

 

12-20

1052

別府八湯温泉道

No.88

別府

別府パストラル

 

内湯はかなり大きな浴槽で、別府でも5本の指に入る

 

平成30年6月30日訪問


 こちらに着いた時にはかなり強い雨が降っていて、この時期には最適の露天風呂には入浴できませんでした。どうせ濡れるのだから、雨は問題なさそうですが、雨の露天風呂はなぜか不快なものです。それで、部分的に屋根をかけている風呂をよく見かけますが、ここには屋根はありません。


 内湯はかなり大きな浴槽で、別府でも5本の指に入るのではないでしょうか。湯は2本の源泉の混合泉で、大型の貯湯タンクに貯められた湯が掛け流されています。


 薄い重曹泉はこれといった特徴はありませんが、清潔感のある脱衣所、広々とした内湯、お天気がよければ快適な露天風呂、タオルは自由に使えるし、浴後の水分補給にウォーターサーバーがあり、スタッフの対応も折り紙つきです。

ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉、51.2℃、PH8.0、
成分総量1253㎎、無色・澄明・無味・無臭 17/5/20

0円

(七段無料券)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府柴石温泉 柴石温泉 - 柴石温泉の名物「鈴なりじじい」

 

12-19

1051

別府八湯温泉道

No.80

柴石

柴石温泉

 

柴石温泉の名物「鈴なりじじい」

 

平成30年6月30日訪問


 次は市営温泉のここですが、柴石温泉のちょっと困った名物をご存知でしょうか。「鈴なりじじい」といいます。5~6人のご老人が露天風呂に陣取って、日がな一日、世間話に明け暮れている状態をいいます。


 ここの露天風呂は蒸し湯の上がり湯を兼ねているので、38℃ほどの不感温度になっており、湯当たりする事もなくいつまでも入っていられるので、こんな名物が出現するのです。

 しかもこの方々は別府市が発行する「高齢者優待入浴券」を使用しているはずです。


 大分合同新聞6/30朝刊に、「別府市は29日、区営温泉の管理者らでつくる連絡協議会を年度内に設立する方針を明らかにした。区営温泉の多くは入浴者の減少や経営難、組合員の高齢化や施設の老朽化で存続が危ぶまれている。各施設の情報共有を促して共通の課題を整理し、維持・活性化に向けた取り組みを支援。泉都ならではの区営温泉文化の存続につなげたい考え。」との記事がありました。

 高齢者優待入浴券が、区営温泉の経営難の一因となっているのは、疑いようもない様です。

(内湯)単純泉、51.7℃、PH6.7、成分総量881mg、無色・澄明・殆ど無味・殆ど無臭 H21.2.12

(蒸し湯)ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、80.1℃、PH7.0、成分総量1353㎎、弱黄褐色、微弱混濁、
無味、殆ど無臭 H22.2.16

210円


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府鉄輪温泉 鬼石の湯 - 生まれ変わった「山崎別荘」とは

 

12-18

1050

別府八湯温泉道

No.125

鉄輪

鬼石の湯

 

生まれ変わった「山崎別荘」とは

 

平成30年6月30日訪問


 熊本出身の花田君が別府の町に惚れ込み、西野口町にある戦前の別荘建築の「山崎別荘」を借り受け、ゲストハウス「In Bloom Beppu」として蘇らせました。明日のオープンを控え、内覧会が行われましたので、見学してきました。


 「In Bloom Beppu」のHPのよれば、「歴史ある山崎家 In Bloom Beppuの建物は、歴史ある山崎家の古民家です。山崎家とは、一流の棟梁によって作られた近代和風建築であったため米軍の目に止まり、戦後、米軍の幹部将校の宿舎として利用されました。米軍による接収解除後は山崎家の所有となり、現在In Bloom Beppu として再利用されております。 ​職人が腕を競った別荘建築 ​山崎家の玄関は格天井で家紋入りの鬼瓦。正面妻壁一杯に、日出の左官棟梁青柳長市の作といわれる火除けの雲竜のこて絵が浮彫りで面かれ、外廻りには、擬宝珠高欄の手すりや繰形付の持送リや火灯窓・出窓などの数奇屋風の建物となっております。」とあります。


 決して豪壮な建物ではありませんが、随所に施主の好みが生かされている素晴らしい建物です。元の建築の良さを残すため、最小限のリフォームに止めて、ゲストハウスとして利用するという花田君の心意気や良しですね。



 

 鉄輪まで移動して、ここでひとっ風呂浴びました。急に強い雨が降ったり、かと思うと晴れ間が覗いたりと不安定な天候で、鉄輪地獄地帯も人出はまばらでした。浴室に入ると入れ代りに先客があがり、借り切りでした。雨の音を聞きながら、しばしゆったりと塩化物泉の湯を堪能しました。



ナトリウム-塩化物泉、88.6℃、PH3.2
成分総量4896㎎、無色・澄明・弱金気味・弱塩味・無臭 H24.3.23 加水、メタケイ酸619.0

400円

(名人会割引)


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行

別府温泉 海門寺温泉 - アボイド・エリアという新発想で温泉資源を守る

 

12-17

1049

別府八湯温泉道

No.3

別府

海門寺温泉

 

アボイド・エリアという新発想で温泉資源を守る

 

平成30年6月16日訪問


 次に訪れたのは中心街にある市営温泉のこちら。

 分析書の泉質は炭酸水素塩泉ですが、ちょっと前までは「ナトリウム-塩化物泉」だったはずです。


 

 今年5/31の「日経エネルギーNext」に、『別府市が温泉発電に「待った」、条例に込めた意思-FITが呼び込んだ開発ラッシュ、地域の資源を取り戻す戦いが始まった-』と題する記事が掲載された。

 「別府市が実施した源泉調査データの結果は、別府市・温泉発電等対策審議会で精査し、分析・評価を行った。この審議会の座長は、日本の温泉研究をリードしてきた由佐悠紀・京都大学名誉教授が務める。日本一の泉源数と湧出量を誇る別府には、京都大学大学院理学研究科附属地球熱学研究施設があり、由佐会長は30年前の源泉調査も手がけている。

 今回、30年前の調査時と同じ源泉を調査したところ、約7割で熱量が低下。掘削し直した源泉でも約半数で熱量が低下していた。また、掘削し直す際には、以前の源泉よりも深く掘らないと、同程度の泉温が確保できない状況であることが分かった。」

 「審議会は、源泉調査のデータを基に、熱源である伽藍岳と鶴見岳に近い明礬温泉の一帯や鉄輪温泉の一部地域などを、アボイド・エリアに指定。このエリアで温泉発電を開発する事業者に対して、FIT申請や県への掘削手続き、かねて条例で定めている市への事前協議の届出を行う前に、温泉発電審議会の事前審査を受けることを義務付ける。」というものです。

 

 ここの自家源泉においても、より深く掘削しても泉温は47.3℃と温泉として使えるギリギリの温度で、含有する塩分量が減り、炭酸水素塩泉に変化しているのです。



ナトリウム-炭酸水素塩泉、47.3℃、PH7.5
成分総量1204㎎、無色・澄明・無味・無臭 22/1/27

100円


テーマ:温泉♪
ジャンル:旅行